グループ・インバスケット

周りを巻き込んで目標を達成する力を身につけるインバスケットトレーニング

グループ・インバスケットとは?

グループ・インバスケット(以下GIB)は、集団の中で自らの考えを伝えることなど、目標を達成するために必要な関わり方や能力をさらに発揮するためのツールです。自分はどんな人か、他人からどう見られているかを知ることから、人との関わり方を考えます。

従来のインバスケットとの違い

従来のインバスケットとは違い、個々人でではなく集団の中で問題解決に取り組みます。その中で個人の行動のクセや周囲との関わり方に気づきが得られます。
また、研修の途中で役割(立場)を変えて演習に取り組むことで、立場によって異なる考え方の違いに気づきが得られます。

基本ルール

メンバー数について

GIBは3名(役割A、B、C)で構成されています。
※1 ただし、研修参加者の人数が3で割り切れない場合においては、4人目(役割D)を加えることができます。
※2 参加者が5人の場合はご利用になれません。

グループの作り方

3人グループを作ります。
GIBにおいて、会議での発言はその後の評価に直結します。
そのため、参画度(発言数)のバランスをとるため、3人での実施を推奨しています。
※ 3人で割り切れない場合は、4人グループを2つまで追加することができます

問題集の配布

1)役割A、B、Cを配付します。
※ 4人グループには役割Dも配付します。
2)3~4色の付箋を配付し、役割と付箋の色を全グループ統一にします。
※ 例:役割A=青、役割B=黄、役割C=緑、役割D=ピンク など

会話は付箋による筆談で

発言を禁止し、会話はすべて付箋による筆談で行い、後で振り返るための記録として残します。
筆談会議後、役割ごとに他のグループと発言数を比較したり、他の人が演じた同じ役割の行動と比較する事で、個人の気づきにつながります。

応用

役割を交換する

一度筆談会議と振り返りを行ったあと、役割を交換して行う事で、立場が違う事での対応の違いや、一度目に自分が行った立場での他者の対応などを見る事ができ、新たな気づきにつながります。



意見交換をする

同じグループの方から、自身の長所や改善点を指摘される事により、自分では気づかなかった自分のクセや偏りを認識する事ができます。
※ 「プレゼントシート」という形で、意見交換のためのシートが付属しています。

研修でのご使用について

教材付属の取り扱い説明書に、カリキュラムの一例を掲載しておりますので、こちらをご参考に研修を進めていただく事が可能です。
また、弊社講師による研修も承りますので、ぜひご利用くださいませ。
(弊社講師による研修とセットでご希望の場合は、ご請求金額が異なりますので、別途お問い合わせくださいませ。)



グループインバスケット問題集『GIB-1』

グループインバスケット問題集『GIB-1』

舞台設定 : フィットネスクラブ「ギンガスポーツ株式会社」
問題集『GINGA』の案件18をベースに、各役割になり、ダブルブッキングに対して各々が持つ情報を共有しながら、協議して対応を行う。

本体価格 : 8,000円+税(2,667円×3冊セット)

個人用教材サイトへ

トレーニング用
教材はこちら

インバスケット試験対策情報サイト インバス!へ移動する
インバスケットへの電話番号
メールでのお問い合わせ・資料請求