Voice

社員が語る仕事とやりがい

教材開発 採点分析

高島 彩花

  • 運営開発グループ
  • 2017年入社 総合文化学部卒
  • [趣味・特技] テレビ・音楽鑑賞、ゲーム、ライブ参加、スキー

社会人として必要なスキルをインバスケットを通して身につけたい

社名のインパクトがとにかく大きくて、「インバスケットって何?」「研究所って何?」という好奇心がきっかけで当社に興味を持ちました。そして試しにインバスケット問題を受けてみたところ、自分があまりにもちゃんとした回答ができないことにショックを受けました。
そこで、「インバスケット問題で測れるスキルは一人前の社会人として絶対必要な素養であり、この力を自分も身につけたいし研究もしてみたい」と強く思い、入社を決めました。

日々の職務がそのまま「良い仕事の進め方」の勉強につながる

現在の主な仕事は教材の開発とスコアリング、および受注・配送作業です。自分が開発した問題が研修などで実際に使用されるところに、とてもやりがいを感じます。
また、様々な業種の企業から毎日のように回答が送られてくるので、多くの先輩社会人の考え方や、仕事の進め方を目の当たりにできる点でとても勉強になります。「良い仕事の進め方」を日々学んでいるのと同じことなので、友人たちと話をしていても、ふだんの仕事の進め方についての良し悪しがうっすらと分かってきます。また、自分では思いもつかないアイデアや行動にふれる機会になっており、意外性という点でも面白いです。
ただしスコアリングの仕事については、客観的な視点で基準に沿った採点をするのが難しく、どうしても自分の主観を入れそうになるので苦労しています。また特殊な業種であり、独自の専門用語が社内に飛び交うので、最初のうちは混乱しました。

ONE DAY SCHEDULE

  • 8時40分頃
    出社
  • 9時00分頃
    朝礼
  • 9時05分頃
    メール・社内掲示板チェック
  • 9時20分頃
    スコアリング
  • 12時30分頃
    昼食
  • 13時30分頃
    フィードバックシートのチェック
  • 14時30分頃
    問題設計書作成
  • 18時00分頃
    退社

学生向け教材の開発など、自分のアイデアで新しい課題に挑戦したい

昇格試験合格のお手伝いや、仕事の進め方に関する悩みのサポートを通じて、お客様の今後の人生を決める手助けができるのが当社の魅力だと思います。責任はもちろん重大ですが、私自身も日々勉強につながるので、自分の今後を見つめる上でとても良い会社だと感じています。
先輩社員は不思議な人が多い印象ですが、話すと皆さんとても良い人ばかりです。
職場環境はとても快適で、学生時代にスーパーでバイトをしていた頃より休暇の申請が通りやすく、ふだんも時間内に帰れることが多くて非常にありがたく思っています。
今後の目標は、自分のアイデアで目新しい教材を作り上げること。既存の教材がほとんど管理職など上層部向けなので、学生向けに何か教材が作れたらと考えています。

PRIVATE LIFE

休みの日は、何もなければ家でスマホゲームやテレビゲームをしてますが、お金に余裕があってチケットが取れた時は、ライブやパブリックビューイングにもよく参加しています。
あとは友達とカラオケで1日中歌い続けたり、観光地へ出かけたり、おいしいものを食べ歩いたりして過ごしています。