インバスケット導入事例インタビュー

導入事例インタビュー

株式会社オートバックスセブン 様

  • 卸売業
  • 小売業

自分の弱みを補い、
強みを更に伸ばすきっかけにしてもらいたい

― 人事部 採用・教育グループ 山崎 真人氏

※2014年7月時点で取材させていただいたものを掲載しております。

株式会社オートバックスセブン
1.主にご活用しているサービスはどちらですか?

教育制度の一つであるカフェテリア・プランのラインナップに、公開セミナーを採用しました。

2.貴社内でどのような活用をされていますか?

優先順位設定の考え方や、自分の強み、弱みを理解する、自分を見つめるためのツールとして活用するとともに、「能力・態度行動等」の軸足を、能力の保有から、能力の発揮へと、移行させていくべく活用しています。

3.インバスケットを採用されたきっかけはどんなことでしたか?

大きく二つの理由がありました。
一つはインバスケットの考え方が、「自らのキャリアを自ら選択して自ら創り上げる」という人事制度のポリシーに沿ったツールであったこと、もう一つは、弊社はこれまで人事評価を、能力の保有(理解している、知っている)から、能力の発揮(行動できる)へと、移行させていこうと検討するなかで、インバスケットが転換後の人事評価の考え方の一部にマッチした有効なツールであったということです。

4.インバスケットを活用する理由はどんなことでしょうか?

全てのエッセンスを吸収することを期待しておりますが、一番期待することは、「優先順位の付け方」「判断の仕方」「解釈の仕方」など、他の企業の方々との考え方の違いを学び、考え方、判断の幅を持ち帰ってもらいたいです。
そして、自分の弱みを補い、強みを更に伸ばすきっかけにしてもらいたいと考えます。

5.今後、どのような展望を考えておられますか?

管理者として、お客様を第一に考えると同時に従業員の安全も配慮しなくてはなりません。他にも様々な判断材料があるはずです。
是非、現役の店長には、御社の公開セミナーへ参加し、多様な判断の必要性に気付いて欲しいと願います。

※2014年7月時点で取材させていただいたものを掲載しております。

株式会社オートバックスセブン

【会社名】
株式会社オートバックスセブン
【社員数】
約4,200名
【業種】
卸売業、小売業
インバスケットへの電話番号
メールでのお問い合わせ・資料請求